企業の展示会出展の意義

第3次産業についてはないが、企業によっては自社製品のお披露目会という意味で展示会に出展する機会がある。企業にとっての展示会の参加意義というのは何なのだろうか。展示会参加と言ってもとても費用がかかることだ。


第一に参加費用としてお金がかかり、ブースの大きさによってもその費用がことなる。ブースを装飾するために代行業者に依頼することになればその分またかかる。装飾もこったものや大体的なものにすればするだけ結果払う金額も大きくなる。大企業など大きなブースには必ずコンパニオンがいる。彼女たちがお客を集め、ノベルティなどを手渡しする役目だ。そのノベルティにも大変な議論と費用がかかる。当日に出向く社員の人件費についてもそうだ。地方企業が東京や大阪の出展のために出、向いていく場合は社員に出張費用も支払わなければならない。これらの費用がかかっても企業が展示会に参加するのは一体何故だろうか。まず第一にお客に製品を披露し、新規顧客を取り込む、というのがあげられる。


展示会にくる客というのはだいたいその分野にもともと興味があり、何かを探している場合が多い。その客を新規顧客として取り込める機会はそうめったにない。参加する社員は出来るだけ多くの客と製品についてアピールし、名刺交換をする必要がある。新規顧客として製品を買ってもらうまでが企業にとっては大事だ。展示会が終わってから名刺交換リストを作成し、その各人にコンタクトをとりフォローが必要である。次に、業界によっては毎年”参加しなければならない”という暗黙のルール、というようなものが存在する。毎年ほぼ同じ企業が参加することになる、もしある企業がその年の参加をとりやめたとすると、業界の中で“あの会社は危ない”というような噂を立てられてしまう。それが毎年小さいブースでひっそりやっている企業ならまだしも大きなブースを披露する大企業がそれなら噂はたちまち広まるだろう。大問題だ。多くの企業がその毎年の恒例の参加に向けて新製品を用意したり、前年とは異なるようなディスプレイを持ってきたり工夫する。当日の会場に至ってはある種お祭りのような雰囲気もあるが、各企業その日程前は大変な労力と時間をかけて準備するようなものだ。その努力とお金が無駄にならないように新規顧客など、売り上げにつながるようにしなければならない。